あんしんサポート

フルーダイヤル:0120-88-6090 受付時間 平日・土日祝 9 : 00 〜 18 : 00 ※受付時間が変更となりました
 お問い合わせ
 サービスお申込み

あんしんサポート

電話をかける

まごころ電話

まごころ電話


「超高齢化社会における家族の心配事を1つでも解決したい」


”高齢者には「電話」、家族にはメールで”
高齢者の日々の安否を家族に伝達するサービスです。
多忙な現代人が毎日親に安否の電話をかけるのは大変・・・
「まごころ電話」が代わって、定期的に自動でコールを行い、日々の健康状態を確認いたします。
高齢者でも、電話にでるのは長年習慣付いた動き。
ダイヤルプッシュで健康状態を返答すると結果は家族の携帯メールへ通知されます。
家族からのメッセージも録音配信ができ、心待ちに受話器を上げる高齢者の新習慣を創出します。

まごころ電話サービスの流れ

1 定期的に音声ガイダンスの電話が入ります。

こんにちは「まごころ電話」です。
今日の体調はいかがでしょうか?

※お持ちの電話機(固定・携帯)をご利用いただけます。
(ダイヤル電話・PHSはご使用になれません。)
※ご希望の曜日・時間帯をご指定いただけます。

2 ガイダンスに合わせてボタンを押します。

いつもと同じく、お変わりのない方は・・・「1番」のボタンを押してください。

緊急対応を必要とされる方は・・・「9番」のボタンを押してください。

3 ご指定の連絡先に結果のメールが届きます。

安否確認のメールはご希望の曜日、時間帯が選べます。
メールの配信先は最大5名まで選べます。
送信されるメールの内容は以下の通りです。

「1番」のボタンを押した場合 

2017/07/28 8:00
青山 一郎様 本日もお変わりなくお元気です。


電話に出られなかった場合は?
「電話に出られませんでした」とメールでお知らせいたします。
その30分後にもう一度お電話します。(計3回)

留守電話につながったら?
「回答がありませんでした」とメールでお知らせいたします。


選べる時間帯

ご都合のよい時間帯を指定してください。

選べる時間帯
6時台7時台8時台9時台10時台11時台12時台
選べる時間帯
6時台 ~12時台

※毎日同じ時間にお電話します

お客様の声

「まごころ電話」「あんしん見守りサービス」利用者の声

1.24時間365日相談ができる
毎日生活する中で孤独感を感じ不安な毎日でした。
そんな中、「あんしん見守りサービス」との出会いが、その不安を解消してくれました。
最初は、オートコール音に戸惑いを感じましたが、少しずつ慣れてくると誰かに見守られているように感じてきました。月に一度のお元気コールを心待ちにしているようになり、何か不安があるときは24時間365日相談ができる直通電話もあり、安心、安全な暮らしを送っています。
2.定期的な安否確認
今まで、気ままな一人暮らしが楽でよかったのですが、以前熱中症で体調を崩し、子供たち、ご近所様に迷惑をかけたくないと、我慢し重篤な状態に。
それから、毎日の生活不安を感じているとき「あんしん見守りサービス」に出会い、定期的な安否確認も無理がなく家族、ご近所にご迷惑をかけることなく、今までの不安が解消でき、子供たちも安心しています。
3.救急車を手配していただき、幸い救急搬送が早かった為
「あんしん見守りサービス」を利用してから、初めての体調変化に思わずボタンの9番を押したところ、コールセンターのオペレーターより連絡があり、症状を訴え、救急車を手配していただき、幸い救急搬送が早かった為に翌日帰宅できました。敏速な対応に感謝しています。
4.生活の中での不安解決
「あんしん見守りサービス」は、体調の変化だけでは、生活の中での不安解決にも相談ができました。サービスには、24時間直通電話サービスがついていて、そのサービスでオレオレ詐欺の対処ができました。電話がかかってきて、どうしたら良いかと考えコールセンターの直通電話に相談しました。オペレーターよりアドバイスをいただき、対処できました。 冷静に考えれば解る事でしたが、相談通報をして良かったと思います。

「まごころ電話」「あんしん見守りサービス」利用者ご家族の声

1.孤独死ニュース
実は遠く離れて暮らす母が心配で常に一緒に暮らさないかと誘ってはいますが、長く暮らしたこの家を離れたくないと一人暮らしをしています。孤独死ニュースをよく聞くたびに心配になります。そんな中、「あんしん見守りサービス」を知り、母を説得、サービスを受けてもらいましたところ、母も大変気に入り安心して生活が送れている様です。
2.その日のうちに対処できる
以前、母が軽い脳梗塞で倒れ、翌日にヘルパーに発見されました。症状は軽かったので無事退院してきましたが、1人暮らしは変わりません。ヘルパーも週3回の訪問なので誰も来ない日が心配でした。「あんしん見守りサービス」の事を知り、その不安も解消しました。ヘルパーが来ない日に安否を取って頂ければ、今回の様な事が起っても、その日のうちに対処できる可能性があります。不安は解消できました。
3.「あんしん見守りサービス」付きの賃貸住宅
今まで住んでいた父親の賃貸住宅が老朽化して取り壊しになり、退去しなくてはならなくなりました。父も70歳を超え、次の賃貸先がなかなか見つからず困っていましたが、「あんしん見守りサービス」付きの賃貸住宅があると聞き相談をしたところ、高齢者の方でも入居可能とのことで、現在その賃貸住宅に住んでいます。
「あんしん見守りサービス」も、定期的に安否も取っていただき、24時間相談電話もあり、周りに気兼ねする父には良いサービスと思いますし、本当に良いサービスが出来たと思っています。

介護事業者の声

1.定期的安否が取れ、介護提供者の訪問がないとき等
介護する側の意見として、訪問日以外の日の利用者の生活に不安を抱きます。最近、多くなってきた熱中症など、体力のない介護利用者の事です。
介護度の高い方で、毎日訪問を受けられる方や、自己負担を支払える方は良いのですが、介護費用や介護度の低い人に対して、短時間でも毎日訪問できれば重篤な事態になったときに早く対応できます。「あんしん見守りサービス」は、利用料金を負担して頂ければ、定期的安否が取れ、介護提供者の訪問がないとき等、安否を取ってもらえますので、重篤な状況になるリスクを軽減できるのではないかと思います。

不動産事業所の声

1.高齢者の入居を受ける
今までは、不本意ではありますが、65歳以上の入居は丁重にお断りしてきました。
それは万が一(孤独死等)の事故が懸念材料でした、今回の「あんしん見守りサービス」を導入して、65歳以上の高齢者の入居を受ける事が出来るようになり本当に良かったと思います。入居者様には安心してご入居いただき、当社としても安心してお部屋をお貸しでき、空き部屋対策にもなり、オーナー様も喜んでおります。
2.高齢者様も孤独死の心配も随分軽減できた
先日、同業者の管理事業所の管理物件で、孤独死があり大変だったと話していて、弊社管理事業所では、「あんしん見守りサービス」を使っているから、高齢者様も孤独死の心配も随分軽減できた。と話したところ良いサービスですね、私がもっと早く知っていればと、今回の事は防げたと思うと悔やんでいました。
確かにご高齢者の受け入れはリスクがありますが、ご高齢者の入居を避けていては空き部屋は埋まらない。でも何かあってからは遅い。「あんしん見守りサービス」があれば、安心して受け入れが出来るし、何よりも行政が対策を考えている高齢者住宅問題、孤独死問題で、少しは社会貢献にもなります。今後も可能な限りご高齢者方の受け入れを推進していきたいと思っています。

自治体、社会福祉協議会の取り組み

1.現在、社会福祉協議会、地域包括支援センターなどは、高齢者賃貸住宅相談窓口、住まい探し協力店紹介窓口など高齢者受け入れ可能な不動産事業者と連携して、高齢者住宅問題に取り組んでいます。


【株式会社あんしんサポート】
株式会社あんしんサポートは、賃貸住宅管理事業所、仲介事業所様と連携して、「シニア安心プラン」活用したサービスを提供して高齢者住宅問題や高齢者孤独死問題に取り組んでおります。

申し込み

Copyright(C) 2018 株式会社あんしんサポート All Rights Reserved.
Copyright(C) 2018 株式会社あんしんサポート All Rights Reserved.